悪魔超人

「天狗山伏(?)やまぶきさん」第三話コメント返信【ニコニコ静画】

今回は2018年7月7日~28日にかけて4回に分けてアップした第三話「おさむらいとタヌキ(その3)」についてのコメント返信になります

全部は紹介しきれないのでその辺はご了承ください

この三話が、「おさむらいとタヌキ」の中では一番苦労して、結果グダグダ感が出た回でした
かなり苦し紛れな展開になってしまったと反省してます
当たり前のことなんですが、作品を作るときはある程度全体像ができてから描くべき…そのつもりだったんだけど、何でこうなるんだ?


P8「侍がちゃんとした人間なのが面白いw」
P8「お侍様が渋くて良い 時代劇風の設定も面白い 漫才みたいな会話が笑える」

酒田さんは、お堅い武家社会にガッチリ組み込まれていた人間が変なやつらに出遭うというのが面白いと思って作ったキャラクターです
おっさんなんですけど、意外と好意的なコメントを頂いており、嬉しいです
これからも普通の人代表として頑張ってもらいたいと思います


P18「む?」
P18「ん?」

ん??w


P20「中指たてんなクソたぬきwww」
P20「極悪非道なタヌキさん達が妙に可愛いw」
P20「表情が無駄にバリエーション豊かw」

タヌキがうまく描けないうえにめんどくさいので、この辺、半分ヤケになってるんですよね…でも結果的に好きなコマになった気がします


P32「こいつモブたぬきじゃなかったのか」
P33「ドラえもんかな」

弥四郎は最初に描いた時はモブだったんですけど、妙に個性的な風貌のタヌキだったのでレギュラータヌキになりました
でも藤子不二雄っぽいと言われたらもう反論できない

そもそもこのタヌキ達のデザインは1話の時点ではえらく適当で、キン肉マンでよくネタにされる7人の悪魔超人の初登場回みたいな感じだったと思ってもらえればよろしいかと
悪魔超人


P41「このページすごいすき」

この辺のページからやっとグダグダから抜け出せたという感じも手伝ってか、ここのやまぶきさんの表情はいい感じに描けたと思います
いつもこうだといいんですけど


P42「区切りつけないとダレますよ。折角魅力的なキャラ描けるのにもったいない。」

これは本当に、最初の話なのに長く込み入った話になってしまってヘタこいたなと…


その他、多くのコメントありがとうございました

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。