江戸時代の基礎知識【武士の給料は? 石高って何?】

はじめに

自分が時代劇の漫画を描いていることもあって、
このブログでは、時代劇や時代小説を楽しむために
こういうことを知っておけばだいぶ違うだろうというのを取り上げて記事にします
自分としてもわからんことをそのままにしている部分は多いので
これを機に色々調べていきたいと思います


ヒャクマンゴクの大疑問

時代劇や時代小説で
「加賀百万石」だとか、「あのお侍さんは三十俵二人扶持だ」とかよく出てくるんですけど、
つまりどういうことを言っているのか、くわしく説明できる人は少ないでしょう
何か米の取れ高や給料のことを言ってるのはわかるんだけど、
自分自身も前々から奥歯に物が挟まったような、ピンと来なさがあるのでちょっとまとめてみます
(まあ、現代でもニュースで何億円の損失だとか収益だとか言われてもピンと来ないのは同じですが…)


コメが経済を回す

お米というのは、全国津々浦々生産しますし、みんなとりあえず欲しがるということで、
間違いのない取引材料になります
そのうえ長期間保存がきくので、これを貯め込んでいる人間は安定的に欲しいものがたくさん手に入れられたわけです
これってもう、全国で通用するお金みたいなものじゃありませんか?
こうして、日本ではだんだん米の生産がそのまま経済と結びついていったというわけです

江戸時代、領地を持っている人達(主に武士)は年貢を農民に米で納めさせ、それを領内の家来に給料として配る…
米を受け取った人は、それを換金して生活に必要なものを買う
ということで経済を回していました
米が貨幣の裏付けとして経済の中心になっていたのです
ただし、米以外の産物の生産量も上がり、人々の生活がどんどん豊かになると
相対的に米の値段が下がり、時代が下るにつれて武士の生活は苦しくなっていきました


昔の容積の単位を知ろう

石(こく)というのは、日本で昔から使われていた尺貫法(しゃっかんほう)という単位の系統でいう、容積の単位です

1番簡単に、ざっくり言うと一石というのは、「一年間でこのぐらいお米食べるよ」という量
つまり一石あれば、人ひとり1年間養えるので、コメ石あげますと言われたらとてつもない量です

リットルにすると、180.391リットル(以下、わかりやすいように小数点以下は切り捨て)
大きすぎてピンとこないので、もう少し小さな単位も含めて見てみましょう

今でも、は灯油などの「一斗缶」、は酒などの「一升瓶」などで使います
イメージしやすいと思います
一番使うのはじゃないでしょうか
ご飯を何合炊くだとか、酒を何合だとか…
日本酒を何ミリリットル飲んだとか言ってる人見たことないです
日本人が生活していくうえでキリのいい単位なんですよね

話がズレましたけど、もこういった単位の延長線上だということがわかります
これ意外にも容積の単位はあるんですけど、上の5つを覚えていれば今後色々役立ちます
「こくとしょうごうしゃく」と覚えましょう
そのまんまじゃん…


武士の給料

まず、江戸時代には自分の領地を持ってる人がいます
まずは大名
1万石からおよそ100万石まで幅広いですが、100万石といったら100万石の米が収穫できるぐらいの領地を持っているということです

そして、幕府や藩から領地(知行地)を与えられ、そこからの年貢を収入としている者がおり
これを知行取りといいます
これらの人々の収入は石高で表されて、それだけでステータスになります

知行地を持たない武士には米や現金で支給されました
大半の支給形態は米で、「100俵」とかという単位で表しました
1俵は俵(たわら)ひとつ分ですが、この量は幕府や各藩で違ってました
(幕府の場合は1俵=3斗5升)
ほとんどの武士は100俵以下でした
そして扶持米といって、下級武士に毎月支給される扶養手当みたいなものがありました
「〇人扶持」と表わされ、1人扶持は1人の人間を養えるぐらいの米=1日5合=30日で1斗5升=1年で1石8斗もらったということです

「鬼平犯科帳」の漫画を読んだとき、長谷川平蔵の下で働いている普通の同心の山田という人が
30俵2人扶持の薄給だみたいなことを書いてあったので、
この一般サラリーマンみたいな人を例にとると、
年間30俵(=10石5斗)と、月イチで2人扶持(=年3石6斗)もらってるということです
だいたい1石が1両ぐらいとすると、年およそ14両(銭4000文)で1年暮らしたということですね

最も下っ端な武士ともなると、3両1人扶持で、現金と扶持が支給されるだけでした
他家の住み込み(武家奉公人)で生活費がかからないような人たちだったようです
「侍」「若党」などと呼ばれるような、召使いなんだけど一応武士、みたいな人達です
よく時代劇で貧乏侍を「サンピン」とバカにしたりしますが、
それはこの3(サン)両1(ピン)人扶持の最下級侍のことです


酒田さんは浪人なので本当はサンピンですらない


家柄で給料が決まる

江戸時代の武士は、今でいう軍隊ですから、幕府や藩に属しているだけで給料は出ました
しかし家禄といって、初めからその家の格によって貰える額は基本的に世襲制で決まっています
家禄の低いものはそれ相応の役職にしか就くことができませんでした
これは役職を果たすための経費が自腹だったので、
禄高の低い者が経費に困るからというのもありました
このシステムだと優秀な人材が限られてしまいますよね

そこで八代将軍吉宗の時代に幕府では「足高の制(たしだかのせい)」という制度ができます
これは役職ごとに一定の「役高」を決め、役職に就いた者の家禄との差を「足高」として補填してやるというものです
例えば、1000石の家禄がないとこの役職には就けませんよ…という役職があったとします
この役職に300石の家禄の人を抜擢したいとすると、その分の差700石を幕府が支給してあげるというものです


石高や武士の給料について基本的なことだけ書いてきました
このテーマについて深く見ていくと、とんでもなく複雑怪奇なもので、
とてもじゃないが私なんぞの手に負える話ではありません
また機会があればもう少し突っ込んだ話を書くかもしれません


武士の給料形態には用語がたくさんあり、かえってややこしいので今回は省きました…受験勉強じゃあるめえし、大事なのは中身


参考文献
「歴史人 2014年7月号」(KKベストセラーズ)
「お江戸の役人 面白なんでも事典」仲江克己(PHP文庫)


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。