SDやよい

「天狗山伏(?)やまぶきさん」第七話コメント返信(ニコニコ静画)

今回は2018年11月24日~12月22日にかけて4回に分けてアップした第七話「江戸のやよい(その1)」についてのコメント返信になります
(全部は紹介しきれないのでご了承ください)

時代劇なので当初から江戸を舞台にした話を書こうとは思っていたんですが、
最初の話「おさむらいとタヌキ」が長くなってしまい、なかなか書けませんでした
ようやく話が動く、というかここからが本番という感じです
まずはこの漫画の準主人公であるやよいを掘り下げると同時に、
一気にキャラクターが増えてにぎやかになるお話です


P1 もう扉絵から面白いんだけど
P1 おっ大波乱の予感

この話は舞台も江戸に移り、キャラが増えて新展開を予感させなければならないので
多少時間がかかっても扉絵は凝ったものにしました
でもこのキャラクターの大半はなんとなくしか性格づけができてないんですね…
まあ描いていればなんとかなるような気がします


P1 しみじみとこういう漫画、絵が描ける人って羨ましいわ 幸せだろうな…

漫画描き始めたの4~5年前で、
その時はもうおっさんと呼ばれてもおかしくないような年齢でしたけど
本当に手探りでやってました
その時の漫画がまだニコニコにあるんですけど、今はもう直視できません
まあでもヘタなりに珍しく行動を起こせたのがよかったのかもしれません
全く向いてないし熱意もないシフトのヒラのサラリーマンだった頃より幸せなのかなぁ…


P5 ネットスラングが流行ってる江戸時代
P5 草w
P5 草生やすな
P5 草やめいw

やっぱりニコニコなんかで公開してるからにはこういうネタも描きたくなっちゃう
それにしても、(笑)が「w」になって、形が似てるから「草」でしょ
このセンスって江戸時代の庶民感覚とかなり近いというかと思うんですよ
有名な所で浮世絵の中で焼き芋屋が「十三里」という看板を置いてて、
これが何かというと、「焼き芋は栗よりうまい→九里四里(くりより)→足して十三里」とか
ネットスラングのように知ってる奴にしか伝わんない…というようなことを江戸庶民はよく考えます
そのDNAが脈々と受け継がれているのか…


P6 ちょっと育った?
P6 少なくとも足は育ってきた

これダメだ
やよいまで足を太くするつもりはないので、単なるクセというか
ようするに描き分け下手なのです


P7 小学生の口喧嘩かな
P7 罵倒が直球すぎて草

たまにストレス発散のようにこういうセリフ書きます
好きですw


P9 謎ポーズ
P9 なんだぁこのポーズは!?

キン肉マン(最近のやつ)のパロディは伝わりにくい法則


P16 1話目の後の話か、おっちゃん再登場で嬉しいわ
P16 再登場やったぜ
P16 待ってましたぞ
P16 おっちゃんやったぜ

酒田さんはなぜか人気あるような気がします
よくわからんがよし


P20 上水井戸とか時代考証がすごいな

何年か前に買った雑誌「歴史人」に江戸の建物をCG再現してる画像がたくさん載っているので
とても役に立ってます
やっぱり作画資料は雑誌がいいですね


P20 読みやすくなった気がする

よかった…自分だとあまりわからないんで


P25 めっちゃ怪しい
P25 初対面に目を見開くクセ直せ
P25 初対面の人に怪しみを抱かせる口上やめいww

怪しいけど主人公


P26 またおばけちょうちんさんが酷使されておるぞ
P27 お化けちょうちんさんの労働環境をうんたらかんたら

このお化けちょうちんも、夜なので必要に迫られて適当に出したんですけど
妖怪漫画っぽくなって正解でした


P27 これ自作自演じゃね?

一応主人公で正義の味方なのでさすがにそこまではしないw
そういうのもやれそうですけど


たくさんのコメントありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。