時代小説書評_鬼船の城塞

時代小説書評【鬼船の城塞】おさむらいmeets海賊meets情熱の国スペイン!?

鬼船の城塞

鬼船の城塞』鳴神響一


今回紹介するのは鳴神響一「鬼船の城塞」です

幕府の鉄砲玉薬奉行(火薬の製造管理)鏑木信之介は煙硝を探すために伊豆諸島を調査する航海の途上、「阿蘭党」という海賊に出くわしてしまう…

「阿蘭党」は日本の海賊だが、幕府の法令とは全く切り離された存在として
はるか南の島に本拠を構え、外国とも貿易をしながら、強力な大砲や鉄砲を持っていた
そんな海賊に、ろくな武装もない調査船がかなうはずもなく、
船は沈められ、信之介以外の船員は皆殺し
阿蘭党も公儀に目をつけられないために、自分たちの姿を見たものを生かしては帰さないのだった
剣の腕を認められた信之介は客分として阿蘭党に迎え入れられる…

こうして物語ははじまりますが、
どうでしょう、主人公はこれからこの海賊たちと一緒に生活せざるを得なくなるのですが、
自分の船の乗組員を皆殺しにされた心中は複雑どころか、怒りで煮えたぎっています
これだけでわかる通り、シビアでハードな小説です
読んでるこっちもこの海賊たちに愛着を注いでいいものなのか、ちょっと困るぐらい
海賊たちのコミュニティに入ってしまえば、全くいい奴なんですけど

この小説の見どころはなんといっても、
物語の中盤から現れる、海賊よりはるかに怖いエスパニア(スペイン)艦隊との海戦です
作者の文章の表現力の巧みさで、映像が見えるかのような迫力があります
スペイン艦隊の旗艦「サン・イシドロ」の巨体、炸裂する砲弾、ギリギリの駆け引き…
後半からは一気に読めてしまいました
同時に、戦争ってコワいなぁとひしひし感じることができます

意外だったのは、太平の日本列島と全く関係なくドンパチを繰り広げる話だと思いきや、
実は将軍徳川吉宗の野望や、その対抗勢力がからむ政治劇でもあるということです
スペイン艦隊になぜか日本人が乗ってますしね
そんなミステリアスな部分も見ものです

個人的に面白かったのは、
海賊たちが全くの無法者というわけではなく、
俺の先祖は徳川より出自がはっきりした武士なんだぞ
みたいに、武家社会にまだ多少の未練やコダワリがあることろですね…

最後に、読むときのおすすめとして
海賊たちの拠点である「館島」の地理を把握しないと、後半の海戦の場面が若干ややこしいので
位置関係とか紙にメモなどしながら読むのがいいと思います(余計なお世話?)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。