時代小説書評_しょったれ半蔵

時代小説書評【しょったれ半蔵】

しょったれ半蔵

しょったれ半蔵』谷津矢車


服部半蔵の名前と東京メトロ半蔵門線で有名な服部正成が主人公の時代小説
「しょったれ半蔵」の紹介です
もちろん彼は、徳川家康の家臣として仕えた実在の人物
家康とは同い年で、数々の戦で武勲を上げた武将です
そして内容も家康が経験した数々の戦や事件が舞台になっています

そういう歴史小説的な一面もあるんですけど、
やっぱりこの表紙のイラストを見ても察しが付くように、
バトル少年マンガ的な話でもあります

つまり、「時代小説」「歴史小説」「少年漫画」「ラノベ」…どれかひとつではカッチリ言い表せない、
いずれの要素もあるお話であるといえばわかりやすいでしょうか…?
これは凄く現代的で、今後もどんどんこういうものが増えていくでしょう
時代小説の分野も「渋い」「難しい」というイメージが「年寄り」まで行ってしまうと、未来はないので、こういう変化はしょうがないと思います

主人公の服部半蔵くんは有名な伊賀忍者の家の出なんですけど、父親が伊賀を出奔し三河の徳川家に仕えた人物なので、生まれも育ちも三河
将来も武士として武功を上げるのを目標にしており、
話の冒頭から忍者扱いされるのを嫌い、敵に対しても「忍者じゃないって言ってるだろー!」みたいな感じのマンガ的なノリを見せてくれるかわいい奴です
そして主君の家康からも忍者扱いされており、その都度忍者的(忍者的かどうかはわかんないですけど)な仕事をやらされるというのがお決まりの流れ
やっていることは歴史上の出来事にのっとっているのでシリアスですが、
主人公や仲間たちの性格が基本的に明るいので暗い話には感じないですね

この小説の全編を通じて、「梟(ふくろう)」というえらい強い宿敵がいるのですが、
彼がこの話の最大の謎となっており、
終盤の展開はミステリー的な面白さがあります

半蔵の他の実在の人物は、渡辺守綱や榊原康政などが登場
面白いのは物理アタッカーな本多正信
本多正信といえば家康の横で陰険に策を練ってる老獪なじいさんというイメージですけど、
本作の正信は素早い動きで鷹を使って攻撃してくるから気を付けて


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。