男の身だしなみグッズ節約術【レイザーピットって何?】

メンズの身だしなみグッズ節約術!!【レイザーピットって何?】

バブル崩壊、リーマンショック、コロナ禍・・・何が起こるかわからない世の中
それに加えて慢性的な少子高齢化や不景気・・・

これから経済的に間違いなく厳しい時代に突入する日本ですが、
長い歴史をみれば、厳しい時代というのは今までいくらでもありました
頑張って個人個人が、お金を貯めながら乗り越えるしかないでしょう

しかし、お金というのは出ていくばかりでなかなか貯まらない
なぜ、貯まらないのか・・・

それは日常的に使うものに金をかけすぎるからだ!

というわけで、やたらと重い前置きでしたが、
今回は我々メンズの身だしなみグッズの紹介です

 


カミソリ刃の切れ味が復活する!? レイザーピットとは

買ってみた

最近知った面白い商品に「レイザーピット」というものがあります

これは何かというと、普段頻繁に交換しなければならない安全カミソリの歯を
なるべく長持ちさせようというものです

安全カミソリを愛用してるメンズたちも
「カミソリ刃って高いよなぁ~」「もったいないから交換はもうちょっと後にするか…」
とか、思ったのは一度や二度ではないはず

そんなメンズのせつない願いに応えるのが、
このレイザーピットです

というわけで買ってみました

レイザーピット_パッケージ

Razorpit 3.0 Premium

レイザーピット

中身はこれだけ
物凄いシンプル
穴は剃刀を置くためのものです

レイザーピット

あら、意外とおさまりがいいじゃないか…
剃刀スタンド持ってなかったからちょうどいいぞ

 

剃り味が回復する理由

これ、勝手に砥石のようなものだと思ってたんですけど
完全なゴム製品です
それもそのはず、これは刃を研いで整えるというものではなく、
刃の切れ味を悪くする微細な皮脂ヨゴレなどを、このゴムで除去するというもの

実はカミソリの切れ味が悪くなる原因は
刃が摩耗したりすることではなく、
皮脂や角質のヨゴレが主な原因なのです
(考えてみれば多少ヒゲを剃った程度で金属がすぐに摩耗するということは考えにくい)
しつこい皮脂ヨゴレは水で流しただけでは完全に落としきれないので、
こういうものを使用してこそげ落とすという感じですね

 

使い方

レイザーピット_説明

使い方は、いつも使ってるシェービング剤、
泡でもジェルでもいいので適量のっけて、
押す方向に3~4回すべらせるだけです

コツは軽くやること
軽くでも十分効果はあります
ムリに強くやったり、シェービング剤をつけなかったりすると
レイザーピットが摩耗・破損の原因になるのでやめましょう
とのことです

レイザーピット

こうやって、プリっとのっけて
(もう少し多めのほうがいいかな)

レイザーピット

軽く伸ばしたら
スッ、スッと4~5回すべらせる

ここで注意するのが、
方向は手前から前方にすべらせてください
逆方向にすべらせてはいけません

使ってみると、確かに剃り味が戻ってます!
新品ほどにはなりませんが、
これで5倍程度には長持ちさせることができるようです
使用するシェービング剤の量や使う頻度も、使っていくうちにわかってくるでしょう
これはかなりの節約になります

 

マイクロスコープで検証してみた

とはいえ、己の感覚だけでは心もとないので
使用前と使用後の刃の状態を家庭用マイクロスコープで撮影してみました

レイザーピット前
レイザーピット使用前
レイザーピット後
レイザーピット使用後

レイザーピット使用前の写真は日をまたぎながら4回ぐらい剃った後の状態です
僕は風呂でヒゲを剃るので、タライに入れたお湯でバシャバシャやってジェルを落とすのですが
この写真を見ると、それだけでは皮脂ヨゴレは落ちきらないというのがわかると思います

そしてレイザーピット使用後の写真は、一目瞭然
まさかこんなに差が出るとは思っていませんでした
これは剃り味が違うはずです

 

レイザーピットはエコ商品

この製品は、デンマークの企業が、
世界で年間数十億の替え刃が廃棄されている現状を少しでも改善しようと開発した
いわばエコな商品なので、
これからの環境問題を考えるうえでもよい商品ではないでしょうか

 

公式サイトでは、僕が購入した剃刀スタンド付きのタイプと、
スタンドがついていないタイプ、新製品の壁掛け用のタイプがあります
スタンドの有り無しではそんなに価格は変わらないのでお好みで


 


剃り味も値段の安さも最強の日本製剃刀 サムライエッジ

 

実は、替刃を長持ちさせるという裏技以上に重要なことがあります

それは、安くて剃り味のよいカミソリを見つけること

これは自分の中ではもう答えが出ています

サムライエッジを買え!

僕は長年ヒゲを剃ってきて、ドラッグストアでよく売ってるメジャーどころの剃刀や
柄まで使い捨てのセットだったり、
はたまた電池を入れて振動するやつだったり、
結構な種類の安全剃刀を試してきたつもりですが、
ここ数年はフェザーのサムライエッジがコスト・剃り味ともに最強なのでずっと使い続けてます

【Amazon.co.jp限定】 フェザー安全剃刀 エフシステム サムライエッジ ホルダー 替刃付 セット 1本+13枚

 

初めて買ったときは、
「替刃って高いよなぁ~・・・なんかもっと安いのないかな・・・
おっ、何これ、安いやん」というだけだったんですが、
使ってみて驚いた
「替刃ってどれも同じじゃないんだ……!」

フェザーは昭和初期に開業した純粋な日本企業で、
刃物で有名な岐阜県関市に工場を置き、剃刀だけでなく、医療用の刃物などでも世界的な信頼があるメーカーです

やはりこだわりのあるメーカーですから、
この剃刀も日本人の肌質に合わせた剃刀を作っています

ドラッグストアなどではSchickやGilletteなどの大手がこの分野の二大勢力ですが、
この辺は海外資本ですので、
やはり日本企業を応援する意味でもフェザー製品を選ぶ価値はあります

 


究極節約野郎ならバリカン!

男の節約として、究極なのがバリカンです

要するに自分で髪切れということです

「いや、そこまでしねぇよ……」
という人は、それでいいです
この話は終わりです

しかし、世の中には「床屋行くのめんどくせえ」「さっぱりできればそれでいい」
「もうボウズにしよっかな」
などと思ってる人も多いでしょう
はっきり言って僕が言うまでもなく、そんな人は自分でやろうかなと
一度や二度思った事があるでしょう

僕もそんな人間のひとりで、長年そんなことでウダウダと思い悩んでいました

で、この間ついにバリカンを買いました
案ずるより産むがやすし、
悩むぐらいならやれ!やって後悔すればいい
そういうことです

まぁでも、バリカンて結構安いんですよ
5000円もしないものが市場には溢れてます
格安床屋でもなければ散髪にそのぐらい取られるのは当たり前なので、
買うハードルは低いです
あとはほんの少し勇気を出すだけ

僕が買ったのはコレ

フィリップス ヘアーカッター(ネプチューンブルー/ブラック)PHILIPS Hairclipper series 3000 HC3515/15

フィリップス Serise3000 Hair clipper

オランダのメーカーらしく、おしゃれな欧州的デザインが気に入りました

フィリップス Serise3000 Hair clipper

バリカンを使って失敗するのが怖いという人は多いはずです
というか、それが全てでしょ

しかし大抵バリカンにはコームと呼ばれるアタッチメントがついていて
(上の写真の先っぽのギザギザしたやつがそうです)
これは取り外し可能です
このアタッチメントと刃からの距離を刈りたい長さに合わせて数段階に調節できます
この機種の場合は1~23mmまでの12段階で調節可能です
最初は23mmで恐る恐るちびちびやって、感覚をつかみながらカットしましょう

ゆっくりやれば大丈夫です(多分)
問題は後頭部なので、同居人がいて後ろだけ頼めれば理想的でしょう

僕もバリカン初心者で、他の製品を使ったことがないので比較はできませんが
とりわけ文句をつける所はありませんでした
それよりも今は慣れることのほうが大事です

こんな感じですかね
整髪料でごまかせばなんとか…

月々の散髪代を考えればかなりの節約にはなるでしょう
ただし、こればっかりは己の勇気がいることなので強くおすすめはしませんが;
やってみるのも面白いんじゃないかと思います

 


というわけで、節約オススメアイテムの紹介でした

こうやって本格的におすすめのアイテムを紹介するのは初めてですが
ブログで紹介する基準としては、
・面白い
・こだわりがある
・環境にいい
そういうものが好きなので、見つかれば記事にしようかと思います

今回紹介したものは、我慢して安いものを使うというネガティブなものではありません
みなさんも賢く楽しく節約しましょう