江戸時代の基礎知識【江戸町奉行】

江戸時代の基礎知識【江戸町奉行】

江戸町奉行所って? 江戸時代を扱った物語は多くありますが やはり一番多く舞台になる場所は「江戸」 言わずと知れた現在の東京です そしてその江戸の行政や治安維持を担当するのが江戸町奉行所 その下で働く与力・同心・岡っ引きと…

さらに表示 江戸時代の基礎知識【江戸町奉行】
「家康、江戸を建てる」感想

平成最後の正月時代劇「家康、江戸を建てる」感想をぶっちゃける!

ツイッターで「家康、江戸を建てる」がNHK正月時代劇になるというので、 「うそ!その本うちにある!」 と引っ張り出してソッコーで読んだわけです ネタになるから つまり結構前から買ってあっていわゆる「積ん読」だったんですね…

さらに表示 平成最後の正月時代劇「家康、江戸を建てる」感想をぶっちゃける!

「家康、江戸を建てる」をより楽しむためのまとめ④【江戸のゼニカネ事情について知ろう】

お金の統一は難しい 「家康、江戸を建てる」の3話は家康の小判鋳造に関する話です 今回はそのバックボーンとなる安土桃山~江戸時代のお金の話です 日本全国を安定的に統一するうえで誰もが行いたいのが、「お金」の統一です ですが…

さらに表示 「家康、江戸を建てる」をより楽しむためのまとめ④【江戸のゼニカネ事情について知ろう】

「家康、江戸を建てる」をより楽しむためのまとめ③【プロの代官が天下を動かす】

関東の屋台骨「代官頭」 家康が関東に入った当初の領地はおよそ250万でした(所説アリ) このうち半分は自分の家臣に領地として与えます (例:本多忠勝…上総国大多喜10万石 井伊直政…上野国箕輪12万石 などなど) 残りが…

さらに表示 「家康、江戸を建てる」をより楽しむためのまとめ③【プロの代官が天下を動かす】

「家康、江戸を建てる」をより楽しむためのまとめ②【水と塩の確保】

やることが多い・・!! 前回に引き続き、家康の関東転封について見ていきます 当然ながら、大規模な国替えに伴い、対処しなければならないことは山のようにあります まずは人事 関東転封の正式通達の翌日7月14日付けの黒田官兵衛…

さらに表示 「家康、江戸を建てる」をより楽しむためのまとめ②【水と塩の確保】

「家康、江戸を建てる」をより楽しむためのまとめ①【家康、江戸に来る】

門井慶喜氏のベストセラー小説「家康、江戸を建てる」がこの度、NHKの正月時代劇としてテレビ放送されるにあたって、 その時代背景をよりよく理解するためのまとめを行っていきたいと思います 家康の関東転封 徳川家康といえば、「…

さらに表示 「家康、江戸を建てる」をより楽しむためのまとめ①【家康、江戸に来る】
江戸時代の基礎知識【旗本と御家人】

江戸時代の基礎知識【旗本と御家人】

将軍直属の家臣を表す旗本と御家人……誰もが義務教育で習う言葉ですが、 教科書レベルの説明でこんな事を言われてもピンと来ない言葉のひとつだと思います やっぱりこれがしっくりわかるのは時代劇を見たり読んだりするのが一番で 「…

さらに表示 江戸時代の基礎知識【旗本と御家人】
江戸時代の基礎知識【武士の給料と石高】

江戸時代の基礎知識【武士の給料は? 石高って何?】

はじめに 自分が時代劇の漫画を描いていることもあって、 このブログでは、時代劇や時代小説を楽しむために こういうことを知っておけばだいぶ違うだろうというのを取り上げて記事にします 自分としてもわからんことをそのままにして…

さらに表示 江戸時代の基礎知識【武士の給料は? 石高って何?】
江戸時代の基礎知識 五街道の整備

江戸時代の基礎知識【五街道の整備】

当歴史ブログでは、主に江戸時代に関しての記事を書いていくのですが、 江戸時代といえば、街道が整備され、より多くの人やモノが行き交うようになった時代といえます つまり江戸時代といえば街道 街道といえば東海道ということで、し…

さらに表示 江戸時代の基礎知識【五街道の整備】
東海道を行こう(番外編)【島田】大井川③

東海道を行こう(番外編)【島田】大井川③

大井川川越遺跡には、「川会所」をはじめとして、川越人足の詰所となる「番宿」、川札の交換所である「札場」などの建物が復元保存されています 中編で紹介した「川会所」の建物は明治以降、度々移転・移築されて、校舎や役場や記念館な…

さらに表示 東海道を行こう(番外編)【島田】大井川③