彼方のアストラ

漫画書評【彼方のアストラ】老若男女が読むべき傑作SF漫画

『彼方のアストラ』篠原健太(集英社) 単行本全五巻(平成28年~平成30年) 20年に一度出るか出ないかというぐらいの傑作漫画に出会ってしまいました… それが篠原健太先生の『彼方のアストラ』 実は今年の7月にアニメ化も控…

さらに表示 漫画書評【彼方のアストラ】老若男女が読むべき傑作SF漫画
時代小説書評_堪忍箱

時代小説書評【堪忍箱】絶対開けないでください

『堪忍箱』宮部みゆき 平成八年(1996) 宮部みゆき作品はこれで3作目の書評ですかね これも短編集 寝る前にちょっと読むのにピッタリ これまで読んだ2冊「本所深川ふしぎ草子」「初ものがたり」と同じく 江戸の市井を描いた…

さらに表示 時代小説書評【堪忍箱】絶対開けないでください
時代小説書評_しゃらくせえ鼠小僧伝

時代小説書評【しゃらくせえ 鼠小僧伝】本当にブラックな江戸時代!

『しゃらくせえ 鼠小僧伝』谷津矢車 「鼠小僧」はたびたび小説や映画やドラマで取り上げられる有名人なので誰もが耳にしたことがあると思いますが、実在の人物です 江戸時代に武家屋敷に何度も盗みに入り、 いつしか「貧しい人々に金…

さらに表示 時代小説書評【しゃらくせえ 鼠小僧伝】本当にブラックな江戸時代!
時代小説書評_鬼船の城塞

時代小説書評【鬼船の城塞】おさむらいmeets海賊meets情熱の国スペイン!?

『鬼船の城塞』鳴神響一 今回紹介するのは鳴神響一「鬼船の城塞」です 幕府の鉄砲玉薬奉行(火薬の製造管理)鏑木信之介は煙硝を探すために伊豆諸島を調査する航海の途上、「阿蘭党」という海賊に出くわしてしまう… 「阿蘭党」は日本…

さらに表示 時代小説書評【鬼船の城塞】おさむらいmeets海賊meets情熱の国スペイン!?