64を衝動買いした話

ずっとプレステ派の僕が突然nintendo64を衝動買いした話

前置き 皆様、ゲームはたしなみますでしょうか? 近年はスマホゲームが流行してますね そしてこれからの未来はゲームもサブスクリプション、つまり定額制でプレイし放題みたいなビジネスモデルが主流になっていくだろうというお話もあ…

さらに表示 ずっとプレステ派の僕が突然nintendo64を衝動買いした話
時代小説書評_堪忍箱

時代小説書評【堪忍箱】絶対開けないでください

『堪忍箱』宮部みゆき 平成八年(1996) 宮部みゆき作品はこれで3作目の書評ですかね これも短編集 寝る前にちょっと読むのにピッタリ これまで読んだ2冊「本所深川ふしぎ草子」「初ものがたり」と同じく 江戸の市井を描いた…

さらに表示 時代小説書評【堪忍箱】絶対開けないでください
時代小説書評_しゃらくせえ鼠小僧伝

時代小説書評【しゃらくせえ 鼠小僧伝】本当にブラックな江戸時代!

『しゃらくせえ 鼠小僧伝』谷津矢車 「鼠小僧」はたびたび小説や映画やドラマで取り上げられる有名人なので誰もが耳にしたことがあると思いますが、実在の人物です 江戸時代に武家屋敷に何度も盗みに入り、 いつしか「貧しい人々に金…

さらに表示 時代小説書評【しゃらくせえ 鼠小僧伝】本当にブラックな江戸時代!

東海道を行こう[第9回]【宇津ノ谷峠】

道の駅宇津ノ谷峠(下り) 丸子宿から次の岡部宿に行くためには、宇津ノ谷峠を越えなければなりません 現在はトンネルがあるので車ならそんなことは気にせず通過できますが、 昔の人は山道をえっちらおっちら登っていかなければなりま…

さらに表示 東海道を行こう[第9回]【宇津ノ谷峠】
時代小説書評_本所深川ふしぎ草紙

時代小説書評【本所深川ふしぎ草紙】

『本所深川ふしぎ草紙』宮部みゆき 日本を代表する作家宮部みゆき先生の20年以上前の本です なので今手元にある本も五十八刷とか書いてありまして(…スゴすぎ) そのくらいメジャーな小説ですが、 実は僕は宮部みゆき小説を読むの…

さらに表示 時代小説書評【本所深川ふしぎ草紙】
時代小説書評_しょったれ半蔵

時代小説書評【しょったれ半蔵】

『しょったれ半蔵』谷津矢車 服部半蔵の名前と東京メトロ半蔵門線で有名な服部正成が主人公の時代小説 「しょったれ半蔵」の紹介です もちろん彼は、徳川家康の家臣として仕えた実在の人物 家康とは同い年で、数々の戦で武勲を上げた…

さらに表示 時代小説書評【しょったれ半蔵】
東海道を行こう【丸子②】

東海道を行こう[第8回]【丸子②】

【A】二軒屋交差点 前回は丸子宿を抜けて、国道一号線にぶつかる場所まで来ました 今回はこの「二軒屋交差点」からスタート ここは国道一号線静清バイパスの西側の終点(丸子I.C.)を下りたすぐの交差点なので、 とても交通量が…

さらに表示 東海道を行こう[第8回]【丸子②】